うえのはる

上原館(大友氏館)

上原館

INDEX
 所在地  大分県大分市上野丘西
 形式  居館
 主な城主  大友氏
 遺構  土塁
 指定・選定  国指定史跡
 訪城年月日   2019年4月12日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 

土塁上に建つ石碑には「西山城大友屋形阯」と記されている。
大友館は西山城とも呼ばれていたようである。

現在、館跡は住宅が建ち並び、館南辺の土塁だけが残る。
土塁上には「天満社」が建っている。

  豊後の守護大友氏の居館跡で、西暦2014年10月6日に国指定史跡となりました。大規模な土塁や空堀で囲まれ、高い防御性を備えています。館の敷地は東西130m、南北156mの長方形で、この北西部に東西30m、南北40mの張り出し部が造られています。
  現状で幅約17m、高さ4mを超える土塁と堀跡の一部が良好に残されており、当時の面影を今に伝えています。
  戦国時代には豊後府内のほぼ中央にある大友氏館と併存し、高崎山山頂にあった「高崎城」とともに、大友氏の軍事的役割を担う施設と
して機能しました。
                                                                        <現地案内板より>

館の説明板

土塁上には館の説明板も設置されている

 概説