勝竜寺城

 所在地  京都府長岡京市勝竜寺
 形式  平城
 主な城主  細川藤孝
 遺構  空堀・土塁
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2013年2月3日
 満足度  A B C  E
 登城難易度  A B C D 

本丸西辺の土塁(復元)

本丸北門の石垣(復元)

本丸東辺の土塁(復元)

沼田丸の北辺堀跡

縄張図(現地案内板)

  勝龍寺城は、南北朝時代に京都へ進出する南朝方に備えて、細川頼春が暦応2年(1339)に築いたといわれる。
  城は京都西南部に位置し、西国街道と久我畷を同時に押さえうる交通の要所に築かれている。
  応仁・文明の乱(1467〜1477)では、守護畠山義就(西軍)の乙訓地域の拠点となった。戦国時代になると、織田信長からこの城を与えられた細川藤孝(幽斎)が元亀2年(1571)に二重の堀と土塁をもつ立派な城に改修した。天正10年(1582)の山崎合戦では、明智光秀が城に入り、羽柴秀吉(豊臣秀吉)との戦いに敗れ、落城した。
  ところで、この城は明智光秀の娘玉(細川ガラシャ夫人)が16歳で藤孝の子忠興(16歳)のもとに嫁いだところで、歴史とロマンを秘めた城としても全国に知られている。
  城の中心部には本丸と沼田丸があり、その周囲に堀をめぐらしていた。北東の神足神社付近には、城の北方を守るためにつくられた土塁跡や空堀跡が残されている。
  この城跡は勝竜寺城公園として整備され、平成4年春に市民の憩いの場としてよみがえった。これに先立つ発掘調査で、藤孝が改修した時代の石垣や多聞櫓が発見されるなど数多くの成果が得られた。その結果、勝龍寺城が鉄砲の時代に対応した先駆的な築城技術を用いた城で、石垣で築く近世の城に移る間際のものとして、わが国の城郭史上でも貴重なものであることが明らかにされた。

                                                                         <現地案内板より>

勝龍寺城

INDEX

本丸の西隣にあった沼田丸跡

本丸北門跡

本丸井戸跡

本丸北辺の塀(模擬)

本丸北東の隅櫓跡にある櫓風の東屋

本丸跡に建つ細川忠興とガラシャの像

          本丸跡
〜正面の建物は資料館となっている〜

勝竜寺城公園の入口(本丸南門跡)

本丸周囲の水堀(復元)

本丸周囲の水堀(復元)

 概説