野田城は、享禄4年(1531)、細川晴元と三好元長とが対立抗争した際、三好方の浦上村宗(掃部)が野田・福島に陣取り、築城されたと考えられている。
  元亀元年(1570)、三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)が籠城し、織田信長に対抗するが、天正4年(1576)、信長軍の猛攻を受けて落城した。その後、野田城や近くにある福島城は、信長の石山本願寺攻略の重要拠点となった。
  慶長19年(1614)、大坂冬の陣の野田・福島の戦いにおいて、豊臣方の大野治胤(治長の弟)が城を築いて守備したが、これが過去の野田城と同一のものかどうかは不詳である。

近くの極楽寺の前にも石碑がある

現在は石碑があるだけで遺構は全くない

摂津野田城

 所在地  大阪府大阪市福島区玉川
 形式  平城
 主な城主  三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)
 遺構  なし
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2012年5月20日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 

野田城

INDEX
 概説