さ わ ら ぎ

沢良宜城

 所在地  大阪府茨木市美沢町
 形式  平城
 主な城主  藤井三位
 遺構  なし
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2017年3月12日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 
INDEX

  室町幕府3代将軍足利義満(1368〜94)は子の義持に将軍職を譲って6年目にあたる応永6年(1399)、堺港へ進出してきた周防国の大内義弘を攻めました。このとき、沢良宜城主藤井三位は義持将軍から「御馬廻り免状」をもらい家老職や郎党を従えて勇躍出陣しました。
  「御馬廻り衆」とは、いわば室町幕府直参の旗本で「応永記」には、その数2千騎と記されています。当時の沢良宜勢は約3千坪の城を中心に、勝尾寺衆徒の中でも相当な力をもっていたようです。
  この城は、応仁の乱(1467〜77)の頃か、もう少し前の1400年代の早い時期になくなったと考えられています。城跡に隣接したこの佐和良義神社(式内社)の境内は、南北に長くなっており、城の乗馬訓練のための馬場があったと言われています。
                                                                         <現地案内板より>

沢良宜城

 概説