三田城

 所在地  兵庫県三田市屋敷町・天神
 形式  平山城
 主な城主  九鬼久隆
 遺構  堀・井戸
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2016年2月11日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 

           九鬼久隆(守隆五男)の墓
〜寛永10年(1633)、久隆は志摩鳥羽より三田へ移封となり、
以後九鬼家が明治維新まで三田を治めた〜

三田小学校(左)と有馬高校(右)との間にある内堀跡

      三田小学校校門脇に建つ城址碑
〜小学校が本丸跡、有馬高校が二の丸跡であった〜

三田城

  市立三田小学校校地は、江戸時代鳥羽より移封された藩主九鬼氏の城館跡である。県立有馬高等学校と三田小学校との間にある道沿いの濠は、本丸館と二の丸との境の堀であった。九鬼氏以前の領主は荒木・山崎・有馬・松平と続いたがその居城は明らかではない。旧市民病院裏の舌状高台あたりを「古城」と呼んでいるので、名のとおりそこであるかも知れない。三田が門前町として開けてきたところだといわれるのは奈良時代に金心寺という大寺があったからである。城跡から屋敷町一帯にかけて古瓦や礎石・中世の石造物などが出土している。
                                                                         <現地案内板より>

INDEX

九鬼守隆(嘉隆次男)の墓

 概説

近くの心月院には九鬼家の墓所がある

内堀跡(左手は有馬高校)