落葉山城

 所在地  兵庫県神戸市北区有馬町(落葉山)
 形式  山城
 主な城主  三好氏・有馬氏
 遺構  曲輪
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2006年10月9日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A  C D E
 車での登城  不可

  落葉山城は、別名「有馬城」とも呼ばれ、有馬温泉の西にある落葉山の山頂に築かれた山城である。 この城が築かれたのは南北朝時代と考えられ、当時、南朝方についた湯山左衛門三郎が居城していたとされる。戦国時代、天文8年(1539)に三好政長(宗三)が居城していたが、播磨三木城主・別所氏に攻められて落城した。その後、城は有馬氏の支配下となるが、天正7年(1579)、織田信忠によって攻め落とされ、以後廃城となった。

落葉山城

INDEX

山頂(城跡)より有馬温泉街を望む

落葉山城は落葉山の山頂に築かれていた

現在、山頂の本丸跡には妙見寺が建っている。
見るべき遺構は何もない。

 概説