二条城

 所在地  京都府京都市中京区二条城町
 形式  平城
 主な城主  徳川氏
 遺構   二の丸御殿・本丸御殿・東南隅櫓・西南隅櫓・
 門・土蔵・石垣・堀・庭園・井戸
 指定・選定  国指定史跡・世界遺産・日本100名城
 訪城年月日  2013年1月6日
 満足度  A  C D E
 登城難易度  A B C D 

北大手門(現存、重文)

東大手門(現存、重文)

北中仕切門(現存、重文)

本丸西南隅櫓(現存、重文)

二の丸東南隅櫓(現存、重文)

本丸東側にある櫓門(現存、重文)

本丸御殿

本丸御殿(現存、重文)

内濠(東側)

二の丸庭園(特別名勝)

二の丸御殿(現存、国宝)

本丸東橋横にある縄張図

  慶長6年(1601年)、徳川家康の命により、奉行板倉勝重が差配、市中の多数の労役者の力により着工され、翌年3月に完成した。京都の守護と上洛の際の宿所がその目的で、二条新御所などと呼ばれ、はじめは小規模のものであった。家康の征夷大将軍の拝賀および二代秀忠の将軍宣下は、この二条城で行なわれた。
  その後も、造営は続けられ、伏見城の遺構をここに移し、寛永3年(1626)、三代将軍家光が、ここに後水尾天皇を迎えた頃、その規模はもっとも拡大され、五層の天守閣もそなえていた。しかし、寛延3年(1750)、雷火のため天守閣を焼失、また、天明8年(1788)には、市中の大火にあい、本丸殿舎、櫓の多くを焼失した。
  文久3年(1863)、十四代将軍家茂が入城、攘夷の実行を誓い、また、慶応3年(1867)には、十五代将軍慶喜が、この城中で大政奉還を決意し、上表の使者を出している。
  明治4年、二の丸内に京都府庁が設置され、明治17年宮内省に属し、二条離宮と改称、明治26、7年には、本丸御殿跡に京都御所にあった桂宮御殿が移築され、本丸御殿と呼称されている。昭和14年(1939)、京都市の所有に移り、史跡に指定された。
  城構は、平城で、本丸・二の丸の二部よりなり、周囲には幅13mないし17mの濠をめぐらし、東西約480m、南北360mあり、国宝二の丸御殿をはじめ、台所・御清所・東南・西南両隅櫓、東・北大手門・土蔵・本丸御殿などの重要文化財がある。

                                                                         <現地案内板より>

二条城

INDEX

本丸西側虎口

 概説

二の丸御殿北方にある土蔵(現存、重文)

      旧二条城(信長時代)の石垣
〜地下鉄建設工事の際、烏丸下立売で発見され、
この地に移設された〜

天守台

天守台