守山城

 所在地  愛知県名古屋市守山区市場
 形式  平山城
 主な城主  松平信定・織田信光
 遺構  土塁・空堀
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2014年5月23日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 

矢田川対岸から見た守山城跡

           城跡に建つ宝勝寺
〜「守山崩れ」で横死した松平清康の菩提を弔うために
建立された〜

守山城

INDEX
 概説

  平山城。林の中に大規模な東西方向の堀が見られる。築城年代、創建者ともに不詳。大永6年(1526)連歌師宗長がこの城を訪れ、連歌の会が盛大に催されたと伝えられる。天文4年(1535)徳川家康の祖父松平清康が大軍を率いてこの地に布陣、尾張攻略を図ったが家臣に殺害された。その後、織田信長の叔父信次、弟の信時が城主となり、桶狭間の戦後、廃城となったとされる。
                                                                         <現地案内板より>

宝勝寺北側の高台上に城址碑が建っている

「守山城趾」の碑