三河野田城

野田城

本丸井戸

 所在地  愛知県新城市豊島字本城
 形式  平山城
 主な城主  菅沼定則・定村・定盈(さだみつ)
 遺構  曲輪・空堀・土塁・井戸
 指定・選定  市指定史跡
 訪城年月日  2018年5月16日
 満足度  A B  D E
 登城難易度  A B C D 

野田城遠望

信玄狙撃説明板

          伝・武田信玄狙撃場所(本丸)
〜元亀4年(1573)、武田軍に攻められた時、この場所から
城外に布陣していた武田信玄を狙撃したという伝説がある。
信玄は落城後、その傷がもとで死亡したとされる〜

井戸内部

  この城は、永正5年(1508)に築城されたと伝えられる。菅沼定則・菅沼定村・菅沼定盈等がここを居城とした。
  城郭は南北に長く、北より三の丸・二の丸・本丸と続くいわゆる連鎖式の山城である。東西両側は谷になっており、当時は自然の川をせき止めて堀を形成していた。
  戦国時代、今川・武田・徳川などによって幾度も争奪戦が繰り返され、天正18年定盈が関東へ移封されるまで続いた。

                                                                        <現地案内板より>

       二の丸跡
〜未整備のため踏査は難しい〜

INDEX

本丸と二の丸の間にある空堀

本丸と二の丸の間にある空堀

本丸跡に建つ稲荷神社

本丸跡に建つ城址碑

本丸跡

            本丸跡
〜東西約60m、南北約47mの広さがある〜

城址入口

 概説

入口を入るとすぐに本丸跡が現れる

野田城縄張図