春日山城

 所在地  新潟県上越市中屋敷
 形式  山城
 主な城主  長尾為景・上杉謙信・上杉景勝
 遺構  曲輪・土塁・空堀・井戸・城門
 指定・選定  国指定史跡・日本100名城
 訪城年月日   @1982年4月3日
 A2012年5月19日
 満足度   B C D E
 登城難易度  A B  D E
 車での登城  中腹の春日山神社下駐車場まで可

上杉家重臣直江家の屋敷跡

上杉景勝屋敷跡付近の急峻な堀切

本丸跡

甘糟近江守景持(上杉家重臣)の屋敷跡

春日山神社下駐車場にある縄張図

  上杉謙信公の居城として知られる春日山城は、今から約600年程前の南北朝時代に築かれ、越後府中を守る拠点であった。
その後、謙信公の父為景公・謙信公・景勝公の3代にわたり普請に努め、現在見られるような大城郭になったと考えられている。
春日山城の特徴は山頂の本丸跡から山裾まで連続する屋敷跡群と、裾野に巡らされた総延長1200mの総構え(通称監物堀)である。関東管領として、関東・北陸に覇を唱えた戦国大名の居城にふさわしい大城郭といえる。
                                                                     
<現地案内板より>

上杉景勝屋敷跡

    大井戸(井戸曲輪)
〜今なお満々と水をたたえる〜

天守閣跡

            堀秀治の墓(林泉寺)
〜慶長3年(1598)、上杉景勝が会津へ転封となり、代わって
堀秀治が越前北ノ庄から入封した〜

謙信の墓(林泉寺)

           林泉寺の惣門
〜春日山城の搦手門を移築したものといわれる〜

春日山山麓に建つ長尾氏・上杉氏の菩提寺である林泉寺

春日山神社下にあるお屋敷(城主の居館)跡

千貫門跡

          お花畑跡
〜各堂に献ずる花や薬草を植えた場所〜

謙信がこもったとされる毘沙門堂(昭和6年復元)

南三の丸跡

柿崎景家(上杉家重臣)の屋敷跡

本丸跡からの眺望

本丸跡

二の丸跡

三の丸跡

登城口(春日山神社横)に建つ上杉謙信の銅像

              春日山神社
〜山形県米沢市の上杉神社より分霊された謙信を祀った
神社で、明治34年に創建された〜

春日山城

INDEX

          馬場跡
〜馬場跡には売店が建ち並んでいる〜

 概説

         天守閣跡(天守台)
〜天守閣が存在したのかは疑問であるが・・・〜

左 : 長尾為景(謙信の父)の墓
右 : 長尾能景(謙信の祖父)の墓
       〜林泉寺〜

搦手にある空堀

三の丸にある上杉景虎(北条氏康七男)の屋敷跡