か な が わ

金川城

 所在地  岡山県岡山市北区御津金川
 形式  山城
 主な城主  松田元成・宇喜多春家(直家の弟)
 遺構  曲輪・石垣・土塁・堀切・竪堀・井戸
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2016年4月20日
 満足度  A  C D E
 登城難易度   B C D E
 車での登城  不可

道林寺丸の石垣

              道林寺丸跡
〜松田氏時代、道林寺丸には道林寺が建っていたが、城が
宇喜多直家に攻められて落城。約20年後に現在地(御津
中山944)に再建された〜

      杉の木井戸の中
〜石垣がしっかりと組まれている〜

二の丸跡

         大手登山口
〜御津支所の西側に大手登山口がある〜

            出丸跡
〜大手道を登って最初に出くわす曲輪である〜

金川城

  臥龍山にはじめて砦が築かれた年は明らかでない。戦国時代の初め1480(文明12)年頃、松田左近将監元成が本拠を金川に移して以来5代約90年にわたって西備前随一の山城として栄えた。1509(永正6)年城主元勝は三条西実隆より玉松・麗水の2書を贈られ、以後玉松城と命名した。1568(永禄11)年7月5日、宇喜多直家に攻められ、城主元輝嫡子元賢共に壮烈な戦死を遂げ7日早暁ついに落城した。
  その後、1603(慶長8)年、徳川幕府の一国一城令によって廃城となった。
  落城ここに400年の星霜を経る。

                                                                         <現地案内板より>

INDEX

道林寺丸跡

北の丸跡

         本丸下にある「天守の井戸」
〜写真ではわかりにくいが、直径8m、深さ10.8mもあり、
山城の井戸としては国内最大級と思われる〜

北の丸下にある「白水の井戸」

本丸跡

          本丸跡
〜右側は松田主従一族の供養塔である〜

本丸跡

本丸跡にある縄張図

 概説

金川城跡遠望(臥龍山、手前は旭川)

        妙覚寺西側にある登山口
〜大手道とは別に妙覚寺西側から登るルートもある。
帰りはこのルートで下山した〜

二の丸にある「杉の木井戸」