岩倉城

 所在地  愛知県岩倉市下本町城址
 形式  平城
 主な城主  織田敏広
 遺構  なし
 指定・選定  市指定史跡
 訪城年月日  2014年5月23日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 

  岩倉城は文明11年(1479)頃織田伊勢守系の兵庫助敏広が築城した。敏広はこの城によって、尾張上四郡(丹羽・葉栗・中島・春日井)を支配し、下四郡(愛知・智多・海東・海西)を支配する清洲城の織田大和守敏定に対し武威を示し、当時の尾張では清洲城と並んで、もっとも重要な城であった。
  城跡は東西約91m、南北約171m、標高10m台地上にあって、内外二重堀があったといわれ、城跡の南側には外堀とか丸の内といった地名も残されている。
  岩倉城は弘治3年(1557)織田伊勢守信安が末森城主織田信行(信長の弟)と同盟を結んでいたということで、信長に攻められ、その後、永禄元年(1558)の浮野合戦で敗れ、翌2年3月遂に落城した。
  本丸跡の「織田伊勢守城址」の碑は安政7年(1860)に建てられたものである。

                                                                         <現地案内板より>

岩倉城

INDEX
 概説

「織田伊勢守城址」と書かれた石碑

現在城跡には城址碑と案内板があるだけで
城の遺構は何も残っていない