池田城

 所在地  大阪府池田市城山町
 形式  平山城
 主な城主  池田勝正
 遺構  空堀
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2016年1月6日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 

     空堀(虎口付近)
〜この上から木橋が架かっていた〜

模擬城壁

排水溝(復元)

井戸(復元)

展望台から見た城内

          天守風の展望台
〜池田城には天守はなかったと考えられている〜

東門(模擬)

            城跡公園入口(東門)
〜一見、大手門風であるが、実際にはここに虎口はなかった〜

城跡公園入口(公園東側)にある公園案内図

  池田城は室町時代から戦国時代にかけて、旧豊島郡(現池田、豊中、箕面市周辺)を支配していた国人・池田氏の居城でした。
  池田氏は15世紀の中頃から勢力を拡大し、当時の権力者であった摂津守護細川氏の家臣として、有力な位置を占めていましたが、戦国時代末期の永禄11年(1568)織田信長の摂津入国により降伏し、信長の家臣に組込まれました。その後、池田氏の内紛に乗じて旧家臣の荒木村重が池田城を支配し、村重が伊丹城を居城としたため、池田城は廃城となりました。
  この跡地整備の基本資料を得る目的で、平成元年度から4ヵ年をかけ発掘調査を行い、確認された枯山水、井戸、虎口(城の出入口)などの遺構を復元しました。漆喰塀や櫓風の展望休憩舎、管理棟などの建物やデザインは、史実には基づきませんが、城跡のイメージを演出させるものとしました。日本庭園は、深山の景、野の景、海の景の3つから形成され、自然の姿を水の流れで表現しています。歴史の保全と活用から「城跡の歴史を感じられる憩いの場」として整備を進め、平成11年度に完成しました。

                                                                         <現地案内板より>

池田城

INDEX

空堀(虎口付近)

城跡公園北門(模擬)

礎石群(主殿が建っていた辺り)

             虎口(復元)
〜ここが本来の虎口で、虎口はここ一箇所のみであった〜

東門脇に建つ城址碑

池田城の想像復元図

 概説

枯山水(復元)