人吉城

 所在地  熊本県人吉市麓町
 形式  平山城
 主な城主  相良義滋・晴広・義陽
 遺構  石垣・曲輪
 指定・選定  国指定史跡・日本100名城
 訪城年月日  2014年7月22日
 満足度  A  C D E
 登城難易度  A B C  E

     願成寺裏手にある相良家墓地(県指定史跡)
左から16代義滋(よししげ)、17代晴広、18代義陽(よしひ)、
19代忠房の墓

球磨川対岸から見た人吉城跡

大手門脇に復元された多聞櫓(平成5年復元)

御館(みだち)跡庭園

大手門跡(奥の建物は人吉市役所)

              二の丸跡
〜江戸時代初期、ここは「御本丸」と呼ばれ、城主の住む
御殿があった〜

二の丸石垣

中の御門の西方にはもう1ヶ所二の丸に通じる門(埋御門)
の跡がある

中の御門跡

中の御門跡

於津賀社跡からの眺望(川は球磨川)

       三の丸にある於津賀(おつが)社跡
〜初代相良長頼が入国する以前に人吉城主であった平氏
の代官の矢瀬主馬祐(やぜしゅめのすけ)を祀る霊社跡〜

三の丸跡

御下門の石垣

       御下門(おしたもん)跡
〜三の丸・二の丸・本丸へ続く櫓門があった〜

    堀合門(ほりあいもん)と武者返しの石垣
〜御館(みだち、城主の居館)の北側にあった裏門で
平成19年に復元された〜

ここから城内へ(水ノ手門跡付近)

                水ノ手門跡
〜球磨川(くまがわ)に面した城門で、門の外に船着場があった〜

  人吉城は、もともと平氏の代官がいた城でしたが、遠江国(静岡県中部)相良の出身で人吉荘の地頭となった相良長頼が、建久9年(1198)に城主となり、翌年より修築したと伝えられています。その修築の時、三日月の文様のある石が出土したので、別名を三日月城あるいは繊月城とも言います。
  人吉城が史料に初めて出るのは、大永4年(1524)のことです。この頃(室町時代)の人吉城は、原城と呼ばれる城跡東南の台地上にあった山城で、素掘りの空堀や掘切によって守られていた城でした。
  室町時代に球磨郡を統一した相良氏は、やがて芦北・八代・薩摩方面へと領土の拡大を図り、戦国大名として発展します。しかし、天正15年 (1587)の豊臣秀吉の九州征服により、球磨郡のみを支配することになり、以後は石高22,165石の人吉藩として明治4年(1871)の廃藩置県まで存続しました。
  人吉城が石垣造りの近世城として整備されるのは天正17年(1589)からで、何度か中断をしながらも、51年後の寛永16年(1639)に現在見られる石垣が完成しています。
  球磨川と胸川を天然の濠とした人吉城は、本丸・二の丸・三の丸・総曲輪からなる平山城です。大手門・水の手門・原城門・岩下門によって区切られる城の周囲は、2,200メートルもあり、広大です。本丸には天守閣は建てられずに二階建の護摩堂が建てられ、二の丸と三の丸の西側麓には城主の屋敷がありました。城の周辺の総曲輪は、上級武士の屋敷となり、川岸近くには役所や倉庫が置かれました。
  水の手門近くの『武者返し』と呼ばれる石垣は、幕末に導入された欧州の築城技術である槹出(はねだし)工法で築かれたものとして有名です。
  城内の建造物は、廃藩置県の後に取りこわされて残っていませんが、保存のよい石垣が人吉城の姿を今に伝えています。
                                                                          <現地案内板より>

人吉城

INDEX

         中の御門跡
〜三の丸から二の丸へ続く櫓門があった〜

 概説

  相良家の菩提寺である願成寺(がんじょうじ)
〜人吉市願成寺町、初代相良長頼が創建した〜

           御館(みだち)跡
〜城主の居館があり藩政の中枢となった場所で、現在は
相良護国神社が建つ〜

                本丸跡
〜はじめ「高御城(たかおしろ)」と呼ばれ、地形的には天守
台に相当するが、天守閣は建てられず、護摩堂、御先祖堂、
時を知らせる太鼓屋、山伏番所があった〜