原田城

 所在地  大阪府豊中市曽根西町
 形式  平山城
 主な城主  原田氏・三好長逸
 遺構  なし
 指定・選定  市指定史跡
 訪城年月日  2013年8月3日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 

  原田城の造られた年代は明らかではありませんが、室町時代末期に書かれた「足利季世記」によれば、天文10年(1541)11月に管領細川晴元の家臣木沢長政が原田城を攻めたとの記述がみられ、少なくとも16世紀初め頃には築かれていたものと考えられています。
  原田城には、主城の北城と砦の南城の2城があり、この場所は北城が築かれていたところで、当時は東西90間(約160m)、南北180間(約320m)の規模を有し、現在は残っておりませんが堀もあったと言われています。また、南城はここから南東約300mのところにあったと言われています。
  当時は群雄割拠の戦国の世で各地で合戦がおこなわれ、この原田城も多く史実のなかにその名がみられます。
  天文16年(1547)には城主は不明(「摂津誌」によれば三好日向守)ですが、細川晴元勢3万騎の攻撃によって陥落しています。また、天正6年(1578)には織田信長による伊丹有岡城にたてこもる荒木村重討伐のさい、この原田城は信長軍の付城として信長配下の武士が在番していました。
                                                                        <現地案内板より>

原田城

INDEX
 概説