が く で ん

楽田城

 所在地  愛知県犬山市城山(楽田小学校)
 形式  平城
 主な城主  織田久長
 遺構  なし
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2014年5月23日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 

  楽田城は、織田久長により永正年間(1504〜1521)に築城されたと伝えられます。
  戦国時代末の儒学者小瀬甫庵の書いた「遺老物語」には、楽田城が急襲を受けた永禄元年(1558)の様子が書かれています。この時、城中に高さ2間余の垣を築き、その上に5間7間の矢倉を作り、中央に矢を立て並べた8畳敷の2階座敷を設けたとあります。天守は館の上に設けた望楼から始まったとされ、楽田城がその起源といわれています。
  天正12年(1584)の小牧・長久手の合戦時には、小牧山の徳川家康に対峙する羽柴秀吉の本陣とされましたが、合戦終結の講和条件により取り壊しとなりました。
  楽田小学校の敷地は楽田城のあったところです。昭和54年に学校敷地が拡大されるまでは土壇や堀の痕跡がありましたが、現在は当時の面影を残すものはありません。

                                                                        <現地案内板より>

楽田城

INDEX

「楽田城址」の石碑

現在城跡には城址碑と説明板があるだけで
城の遺構は何も残っていない

 概説