備中松山城

大手門跡と周辺石垣

 所在地  岡山県高梁市内山下
 形式  山城
 主な城主  三村元親・水谷(みずのや)勝俊
 遺構   天守閣・二重櫓・三の平櫓東土塀・石垣・
 曲輪
 指定・選定  国指定史跡・日本100名城
 訪城年月日  2009年10月16日
 満足度   B C D E
 登城難易度  A B C  E
 車での登城  可(中腹の駐車場まで)

 阿井の渡し(高梁市落合町阿部)にある山中鹿之介の墓
〜鹿之介は毛利氏に敗れて捕えられ、備中松山に護送され
る途中、阿井の渡しで殺害された〜

松山城のある臥牛山(がぎゅうざん)
      〜川は高梁川〜

               御根小屋跡
〜山麓には御根小屋と呼ばれる御殿(藩主の住居や政庁)が
あった。現在、御根小屋跡には県立高梁高校が建っている〜

搦手門跡

      天守後方に建つ二重櫓(現存、重文)
〜城内には14棟の櫓があったが、2階建の櫓は二重櫓のみ
であるため、天守に次いで重要な櫓であったと考えられる〜

本丸東御門(復元)

天守内にある囲炉裡

現存天守を持つ山城としては最も高い所にあり、美濃岩村城、
大和高取城とともに日本三大山城の1つに数えられる。

右から天守(現存、重文)、五の平櫓(復元)、六の平櫓(復元)

三の丸跡

大手門・三の丸周辺の石垣群

  この城の歴史は古く、鎌倉時代の延応2年(1240)に有漢郷(現在の高梁市有漢町)の地頭に任ぜられた秋庭三郎重信により臥牛山のうちの大松山に砦が築かれたことに始まります。
  その後、小松山に移り、城の縄張りは時代とともに変化しますが、なかでも天正2年(1574)に起こった「備中兵乱」時は、「砦二十一丸」と呼ばれた出丸が築かれていたことが記録として残っており、臥牛山全域が一大要塞となっていたことが、うかがえます。
  当時の城主であった三村氏が滅んだ後も、毛利氏の東方進出の拠点として、またさらに毛利氏が防長二国に退いてからも、備中国奉行として赴任していた小堀正次・政一(遠州)父子により修改築がなされるなど、備中の要衝としての役割を担っていたようです。以降、池田氏、水谷氏、安藤氏、石川氏、板倉氏と城主が変わり明治維新を迎えますが、現存する天守などは天和3年(1683)に水谷勝宗により修築されたものと伝えられています。

                                                                  <備中松山城パンフレットより>

備中松山城

INDEX

山麓にある頼久寺に戦国期松山城主の墓がある
  (左から上野頼久、三村家親、三村元親)

二の丸にある雪隠(せっちん=トイレ)跡

二の丸跡

三の丸から二の丸・本丸方向を見上げる

 概説

天守から見た本丸跡

        大手門から三の丸へ続く石段
〜左手の三の平櫓東土塀は現存の塀である(重文)〜