尼崎城

 所在地  兵庫県尼崎市北城内・南城内
 形式  平城
 主な城主  戸田氏鉄・青山幸成・松平忠喬
 遺構  なし
 指定・選定  なし
 訪城年月日  2012年4月14日
 満足度  A B C D 
 登城難易度  A B C D 

  明城小学校敷地内にある尼崎城の模型
〜昭和15年に小学校の教職員と児童が製作〜

尼崎城

  尼崎城は、現在の北城内・南城内の約300m四方の地域に築造され、三重の堀を持ち、現在の庄下川も西側の外堀として利用されていました。沖から見ると城全体が海に浮んでいるかのように見え、美しく水に写る姿は「琴浦城」の名称で親しまれていました。本丸(現在の城内中学校付近)には高さ約18mの四層の天守閣が築かれていました。
  この尼崎城は、元和4年(1618)から数年かけて、譜代大名の戸田氏鉄によって築城されたものです。
  現在地あたりは二の丸の前の内堀と中堀を結ぶ横堀や「四角堀」と呼ばれる内堀と外堀を結ぶ縦堀のあったところで、この付近に「伏見門」がありました。戦国時代までの中国街道が旧町場を抜けて通っていました。

                                                                         <現地案内板より>

INDEX

尼崎城復元模型(近くの尼信博物館に展示)

櫻井神社(西三の丸跡)境内にある天守閣の棟瓦

本丸跡に建つ市立文化財収蔵庫(旧城内中学校)

尼崎城の模型

尼崎城説明板

明城小学校(旧城内小学校)前に建つ城址碑と説明板

模擬の石垣と城壁

模擬の石垣と城壁

尼崎城址公園

 概説